日日のあわいに

西宮のヨガ・ピラティススタジオ studio awai のブログ

ヨガはアニミズム

4月から近所の市民農園で畑をやっています。

 

最近のInstagramは畑の写真ばかりでヨガスタジオらしからぬ感じになっちゃってます。

 

www.instagram.com

f:id:studioawai:20170615154307j:plain

 

 

 

人参とインゲンを収穫しました!

 

春に蒔いた小さなタネが人参とインゲンになりました!

 

神秘です。

 

あるがまま、 人参は人参になる。

  

 

  

 

 

f:id:studioawai:20170615154319j:plain

 

 

 

 

 

 

5月はじめに蒔いたトウモロコシ。

 

 これは「黒もちとうもろこし」という品種。

 

 

f:id:studioawai:20170615154323j:plain

 

 

 

ずいぶんと大きくなりました。

 

 

 

下の黄色い花はバターナッツかぼちゃです。

 

 

f:id:studioawai:20170615154540j:plain

 

とっても可愛い実が成ってます。

 

 ワラを敷いているのは積層マルチといってパーマカルチャーの手法です。窒素分と炭素分を交互に敷いて分厚い層をつくることで、保水性が極めて高く、雑草を抑制しながら、徐々に堆肥化するため肥料もいらないという優れものです。 

 

 

積層マルチにはトマトを数株いれています。

写真はありませんが、順調にぐんぐんと大きく育ってます。

 

f:id:studioawai:20170615154346j:plain

ブロッコリーも楽しみ。 

 

バターナッツかぼちゃはとてもたくさん収穫できそう。

 

 ほかには、オクラ、レタス、ルッコラ、スイカ、ラディッシュ、ナスタチューム、トウガラシ、バジル、ビーツ、コリアンダーなどなど。

 

無農薬で化学肥料は不使用。固定種の野菜ばかりを育てています。

  

カレンデュラやマリーゴールドのお花も咲いています。

 

雑草もぼうぼうでジャングル化の様相、どうする!?

 

f:id:studioawai:20170615154338j:plain

このラディッシュは採種しようと思って伸ばしてます。

 

f:id:studioawai:20170615154329j:plain

 

 

 

 大根も。

 

 

文化人類学者の岩田慶治さんの言葉を思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩田慶治 「木が人になり、人が木になる。  アニミズムと今日」 人文書館 より引用。
 
 
復権 ーー自然を尊重する世界観
 
 いま、新しい自然観が求められている。
 
 それはひとと自然のかかわり方を考え直し、相互関係を調整するだけでじゃなくて、もっと根本的に、その本来のあり方を取り戻そうという動きである。そういう動きの行き着くところ、あるいはその出発点として、アニミズムと呼ばれる宗教を再検討しようとしているのだ。年来、アニミズムにかかわってきた私としては、嬉しいことである。
 
 アニミズムは普通、精霊信仰と呼ばれているが、草木虫魚教と言ってもよいし、森羅万象教と名付けてもよいだろう。身のまわりの、万物のうちにひそむカミと出会い、そのカミと対話する。そういう宗教を私はアニミズムと呼ぶことにしている。
 
 畑から引いたばかりのダイコンには土がついている。スーパーの棚に並べられたダイコンとは違う。よく育ったダイコンの青葉を握りしめて、グーッと土から引きぬく。白くて太いダイコンが土を離れて誕生する。その一瞬をとらえて、そこにカミを見る。天地創造の一齣を見ようとする。アニミズムは私にとってもろもろの宗教のなかで一番大切な宗教だ。いま、生まれたダイコンの感じである。
 
 アニミズムの根本は何か。それは木にも、石にも、虫にも、鳥にも、もともと、カミが宿っていることを認め、そういうカミでいっぱいの自然を尊重しながら、生きることだ。そうすると、木は木として宇宙の主人公になり、山は山として主人公、ひとは誰もかれも一人ひとりが主人公になる。自分も、また、その仲間になって、風景が生き生きしてくる。これがアニミズムの本質なのだ。
 
 一般に、アニミズムは未開人の宗教だと言われている。しかし、ホントはそうじゃない。未開人だってーーそういう人がいたとしてもーー何千年、何万年も地球とともに生きて、悩んで、考え考えしてきたのだから、かれらの宗教、かれらの世界観を未熟だなどと言うわけにはいかない。かれらなかにだって、たくさんの哲学者がいたし、宗教家もいたに違いない。そういうかれらが信じているカミなのだから、そのカミと出会い、そのカミの言葉を聞くのは、われわれの側に委ねられた仕事なのだ。
 
 それなのに、アニミズムのカミなんてダメだ。高木から下りてきて住民に供物を要求したり、おどろおどろしい衣装をまとって人びとを恐怖におとしいれるのが関の山だ。それは現世利益を旨とする民俗信仰より、もっと低級なものだ。そういう声がやかましいくらいだ。
 
 しかし、宗教と文化をとり違えては困る。アニミズムは始めから終わりまで、祈りのなかの出来事であって、欲望の渦巻く文化のなかの出来事ではないのだ。
 
 現代人は霊的な力、あるいは直感の力が衰えてしまったから、その結果によってしか宗教の真偽を判定できない。その証拠を求めようとする。
 
 しかし、カミの証拠なんて、どこにもないのだ。

 

自分のカラダと出会う。

ヨガはアニミズムです。

 

 

www.studioawai.net